カーボンを予約なしで買うならこのサイト~!クラシックスチールの評価♪キャンプアウトドアの購入ならココのお店です モーラナイフハイキングの通販!

山にててん泊時、クラフト用に購入。初めてのシースナイフなら、同価格のモーラコンパニオンステンレスを買えと。さてと!予定通りカスタムしましょ。

早速ご紹介!

2017年03月26日 ランキング上位商品↑

モーラナイフ クラシック カーボン スチール アウトドア キャンプ ハイキングモーラナイフ クラシック 2 【送料無料】 【正規品】Moraknife ナイフ ラバー柄 カーボンスチール ケース付き アウトドア キャンプ ハイキング 野外 多目的 Classic 2

詳しくはこちら b y 楽 天

炭素鋼はセラミック砥石への乗りもイイ。シースへの出し入れはクラッシックが一番スムーズ。今回値段がよそよりも安くつい購入してしまいました。勿論!知ってて購入。汚れたままのブレードを入れても気にならない。ハンドルは赤いペンキがタップリ。私色に染まったモーラクラッシック2は!その容赦ない切れ味と共にお気に入りのナイフになった。勿論!コレクションは別であるが…。形状も微妙な気がする。。:モーラナイフは、値段の割に良い商品です。チープなベルトループはカット。今度またクラッシック2を買ったら、鹿角のハンドルに交換しようかな。口金もグレーになったので鉄製なんだと思う。革製のシースでは出来ない実用性だ。ブレードはお茶漬けにして錆止めタンニン処理しシブイグレーのブレードへ。モーラは計3本所有しているがカーボンは初めて。ペンキのせいか滑りやすいハンドルだ。ブレードの背面はプレスで打ち抜いたまま。この価格と性能であれば万とするナイフを買う気にはならなくなる。ダイヤヤスリで背面をツルツルにし!側面もコンパウンド等で鏡面仕上げ。プラシースは洗えて便利。実物は以前、借りた事があり好みの問題もありますが、使用感は間違いないです。追伸、この商品の説明に「ラバー柄」とありますが、木製ペンキ仕上げです。炭素鋼は錆びる。キッチンで使い、ベルトには着けないからOK。it is work!実用ナイフならモーラの右に出るものはいない。赤いペンキはサンドペーパーで取り除き、新たにマホガニー色のニス仕上げ。何十本とナイフを使ってきたから言える。一般的なナイフにはない魅力を感じます!使い勝手の良さはこれからですが いろいろ試してみたいと思います。